ほけみんのつれづれ日記in神戸

家族、仕事、趣味、日常の様々なことを、つれづれなるままに書き綴ります。
2017/04≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「容疑者Xの献身」借りました

今日は時折晴れ間が見られることがあったものの、ほとんど曇りの一日でしたね。昨日までに比べると、かなり肌寒かったような気が・・・まあこれが、本来の季節相応の気候なのでしょうけれど。

さて昨日の話なのですが、ネットで予約しておいた本が、貸し出しOKになったと図書館からメールが届いたので、午後から息子と行ってきました。
私が借りたのは「容疑者Xの献身」という作品。東野圭吾氏原作の、いわゆる「ガリレオ」シリーズなのですよね? 直木賞も取ったということなので、この先読むのが楽しみです(^^♪ 

息子も3冊ほど借りてきたのですが、本好きの娘に比べるとあまり読まないようで、学校から借りてくるものも、電車関係の図鑑(というか写真集みたいなもの)が多いのですが、今のうちから少しでも本読みの習慣をつけておいた方がいいということで、今回は物語を2冊と、「鉄道大百科 JR特急」というのを1冊借りてきました(どうしても、この手の電車図鑑ははずせないようです(~_~;))。 しかし帰宅してからも、結局物語には手をつけず、その代わりに何故か娘の方が先に読み終えてしまいました・・・って何でやねん(@_@;)

やっぱり読書量って、国語力のアップに大いに関係すると思うので、何とか本好きになってほしいところなのですが・・・まあこういうことを無理強いしても逆効果だとは思うのですが、親が思う通りには、なかなかうまくいかないものですね(T_T)

↓ブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします(^^)↓

人気ブログバナー

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://kobechild.blog11.fc2.com/tb.php/1080-83542cf8
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。

果ての花火-銀座開花おもかげ草紙

 「吉原手引草」で直木賞を受賞した著者の受賞後第1作。「銀座開化」シリーズの続編となる連作短編集である。  多くの幕臣が地方へ移り住むなか、宿敵を討つため東京・銀座に残った31歳で旧旗本の次男・久保田宗八郎が主人公。大名子息で洋行帰りの伊達男・戸田三... ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。