ほけみんのつれづれ日記in神戸

家族、仕事、趣味、日常の様々なことを、つれづれなるままに書き綴ります。
2017/08≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画監督の市川昆氏が死去

寒い!!

今日は天気は良かったものの、一日中雪が降ったりやんだりして、ほんっとに寒くて寒くてたまらない一日でしたね~
まったくもって、いつまで続くのこの寒さ?という感じですよね~

訃報です。

映画監督の市川崑さんが死去 戦後の日本映画界をリード

市川監督といえば、日本映画界を代表する巨匠ですが、我々の世代では何といっても、横溝正史原作の金田一耕助ものがおなじみですよね~
1976年公開の角川映画第一作「犬神家の一族」から始まり、「悪魔の手毬唄」、「獄門島」、「女王蜂」、「病院坂の首くくりの家」、しばらく間があいて「八つ墓村」、最後に「犬神家の一族」のリメーク。。。ということで、金田一耕助を初めて原作どおり忠実に映像化したといわれています。
石坂浩二の金田一は、本当にはまり役でしたね(「八つ墓村」のみ、石坂でなく豊川悦司が金田一を演じていました)。

当時小学生~中学生だった私は、怖いくせに大好きで、映画を観たくて観たくてしょうがなかった。でももう親に連れて行ってもらうのはカッコ悪いと思う年頃だし、かといって友達同士で行くのはまだちょっと早い・・・ということで、なかなか観る機会を得ることができませんでした・・・当時はまだ家庭用ビデオが普及していなかったので、ひたすらテレビで放送してくれるのを待ったものです(~_~;)
本当に偶然ですが、先日久しぶりに市川監督の横溝作品を観たくなって、レンタルビデオ店に行ったのですが、DVDは見つかりませんでした。。。これらの作品は、最新作の「犬神家」以外はDVD化されていないのかな?

故人のご冥福をお祈りいたします。。。

↓ブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします(^^)↓

人気ブログバナー

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://kobechild.blog11.fc2.com/tb.php/1166-8998f64d
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。