ほけみんのつれづれ日記in神戸

家族、仕事、趣味、日常の様々なことを、つれづれなるままに書き綴ります。
2017/10≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2017/12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白い巨塔」と「沈まぬ太陽」

今日は一日中、快晴のいい天気でしたね(^^)
朝のウォーキングにも、久々に家族揃って出かけました。起床時間が少し遅く、普段の日と変わらなかったためか、娘も息子もすんなり起きてきました。
朝の空気は清々しくて気持ちよかったのですが、すでにかなり気温も高く、汗ばむ夏の陽気だった気がします。
明日も天気は良さそうで、また二人とも「ウォーキングに行くから起こしてね!」といって就寝しました。さて、今日みたいにちゃんと起きられるかな・・・?

最近、妻が読書に夢中です(^^♪
今読んでいるのは、山崎豊子作「白い巨塔」。私は数年前のテレビドラマ化のときに文庫本を購入し、ドラマと平行して読破しましたが、飽きっぽい私が文庫本全五巻を一気に読み終えるほど、面白い作品でした。
医療従事者である妻は興味があるにもかかわらず、何かと忙しくて今までなかなか読む時間がとれないでいましたが、最近になってようやく一念発起して読み始めたのですが、面白くてすっかりはまってしまっているようです。近頃は睡眠時間を削ってまで、読書の時間に当てるようになりました。

うちには山崎氏の著書では、他に「沈まぬ太陽」という作品がありますが、これは日本航空の内情を題材にしたもので、あの日航機墜落事故も取り扱われています。最近ホリエモンが、逮捕勾留中に読んでいたと報道されて話題になりましたが、「白い巨塔」を読み終えたら、次はこちらを妻に薦めたいと思います。

私も本は好きなのですが、最近あまり読む機会がなくなっています。通勤時間などを利用して、面白そうなものをみつけてまた読書にはまる生活を送りたいですね(^^)

↓ブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします(^^)↓

人気ブログバナー

スポンサーサイト

コメント

白い巨塔

私が小学生のころ、田宮二郎の白い巨塔のテレビドラマにはまっていました。
当時、私は父親の後を継ぐため医者になろうと思っていましたから、このようなスキャンダル的な話題は幼心に複雑な思いを持っていました。

医療ミスなんて一部の医者が起こすものだと思っていましたが、いやはや結構あるらしいですね。

何年か前の唐沢バージョンの同作も内容はほぼ同じでしたが、面白かったです。

山崎豊子先生の作品はいくつか拝見しましたが、どれもハマる作品ばかりです。

>air stage(ARSR)さん
お父様はお医者様なのですね。
我々庶民からすると、お医者様は高額の収入があって、皆から尊敬される素晴らしい職業ですが、実際にはなかなか気苦労の多い大変なお仕事ですよね。
私は今年四月に入院したのですが、担当の先生は土日も関係なく病院に来られていました。

>医療ミスなんて一部の医者が起こすものだと思っていましたが、いやはや結構あるらしいですね。
最近多くなってきましたよね。ただ今の制度では、医療裁判は患者側が圧倒的に不利だということですし、カルテの改ざんなども平気で行われるとか・・・

ほけみんさん、こんにちわ。
本の記事ありがとうございました。
最近、小説などはほとんどご無沙汰で
ほけみんさんの記事を読んで反省してしまいました。
特に『沈まぬ太陽』に挑戦してみたくなりました。

白いシリーズ、赤いシリーズ

白い◇◇◇シリーズ、赤い△△△シリーズ、

ってTVドラマでやっていましたね。私はTVドラマって全然みないのですが、巷での流行りはたいへんだったようで。

通勤時間に読む本は、もっぱら池波正太郎です。文庫化されたのは、ほぼ全部そろっていると思います。古典落語を聞くようになもので、同じ作品を何度繰り返して読んでも、その度に楽しめる、質の高い文章で、プロの作家の文のチカラをいつも味わっています。



>MAXさん
>通勤時間に読む本は、もっぱら池波正太郎です。
私は名前を聞いたことがあるくらいで、ほんとうに知識がないのですが、「仕掛人藤枝梅安」シリーズの作者の方ですよね?
ほとんど馴染みがないのですが、ぜひ一度挑戦してみたいです(^^♪

池波さん

池波正太郎には、藤枝梅安シリーズ、剣客商売シリーズ、鬼平犯課帳シリーズの代表的な三作があります。

梅安は、さいとうたかお氏の漫画から入った方があるかもしれませんし、剣客は藤田まこと、鬼平は中村吉右衛門主演のTVシリーズを見て原作をと言う方も居られるでしょう。あるいは、食や映画をかたった秀逸なエッセイ集から始めた方もあるかもしれません。

いずれにしても、プロの物書きとして、読みやすい文章、灰汁抜けた表現、説教くさくならない人生訓、大人の読み物としてこれから社会に出て行く人に一番読んで欲しい作家です。

私も、最近図書館で子供の絵本を借りるついでに、自分の本を借りています。忙しいので時間を見つけて読むのは大変だけど、読み出したらとまらないよね。昨日、ダヴィンチコードを観てきて、かなり良かったのでぜひ読みたいと思いました。トム・ハンクスって1番好きです!

>MAXさん
>いずれにしても、プロの物書きとして、読みやすい文章、灰汁抜けた表現、説教くさくならない人生訓、大人の読み物としてこれから社会に出て行く人に一番読んで欲しい作家です。
思い出しました、池波正太郎さんって食通で知られた方でしたよね?今度読みやすそうな作品を探してみます。
>CARAさん
ダヴィンチコードは、私が今一番読みたいと思っている小説です。でも映画を先に観たほうがいいかも・・・という思いもあって、まだ読んでいないんですけどね。

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://kobechild.blog11.fc2.com/tb.php/585-be922178
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。