ほけみんのつれづれ日記in神戸

家族、仕事、趣味、日常の様々なことを、つれづれなるままに書き綴ります。
2017/07≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめ自殺 教師が関与

ここ最近、いじめで自らの命を絶つ子どもたちの悲しいニュースが、頻繁に聞かれるようになりましたね。
北海道の女児の事件では、学校や町が「いじめ」があったことをなかなか認めなかったのですが、ニュースが大きくなり、全国から批判が殺到するようになって、ようやく認めるようになりました。
もしこのまま、マスコミに取り上げられることがなければ、すべてうやむやに処理するつもりだったと思われるような一連の対応には、非常に腹立たしい思いがしました。
たとえ当時の関係者が処分されても、亡くなった子はもう戻ってこない・・・本当にいたたまれない思いで一杯です。

そして、今度は福岡で、中学生の男子生徒が自殺・・・しかも今回は、なんと昨年の担任教師の言動がいじめのきっかけになっていたそうです。
生徒を守るべき立場の教師が、生徒のいじめに関与していたとは・・・約20年前、「葬式ごっこ」と称して、追悼の言葉を寄せ書きした色紙に、教師も加わっていたという事件を思い出してしまいました(このときも、いじめられていた生徒はその後自殺しています)。こういう人の気持ちもわからないような連中には、そもそも教師になる資格などないのでしょうね。もちろん生徒のために、毎日頑張っている教師の方もたくさんおられると思いますが・・・

確かに今は、自分のことを棚にあげ、好き勝手なことばかりいう保護者も多いし、生徒は生意気になっていうことを聞かないし、ちょっとでも教師が生徒に体罰を与えれば教育委員会で問題になるし・・・というわけで、非常に生徒の指導がしにくい時代で、心を病む教師も多いと聞きます。しかしだからといって、教師がいじめを助長するような行動を撮るなど言語道断、当然許されるべきものではありません。

いじめだけではなく、管理教育、ゆとり教育の弊害、学級崩壊、不登校など、今の日本の教育は、とにかく問題が山積みになっていて、しかも何の解決策も見出せていないような気がして、子を持つ親としては、非常に心配なところですね。そして教育が崩壊すると、ろくな人間に育たなくなり、社会がますます荒廃していく恐れもあります。

本当にこの国は、一体これからどうなってしまうのでしょうか・・・

↓ブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします(^^)↓

人気ブログバナー

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://kobechild.blog11.fc2.com/tb.php/712-0b2172d3
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。

福岡いじめ自殺、切っ掛けは教師のいじめ

こんな人間が教師、しかも学年主任まで務めていたとは信じられません。 福岡県筑前町... ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。