ほけみんのつれづれ日記in神戸

家族、仕事、趣味、日常の様々なことを、つれづれなるままに書き綴ります。
2017/06≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR西日本 シュプール号廃止

今日も寒い一日でしたね(>_<) いよいよ冬本番の到来といったところでしょうか。
昔は毎年12月になると、初スキーはいつどこに行こうかなんて考えて、うきうきそわそわしたものでしたが・・・

今日の夕刊に、JR西日本がシュプール号の運行を取りやめるという記事が載っていました。1986年から20年間、ゲレンデにスキー客を運び続けましたが、スキー人口の減少に伴って、その歴史に幕を下ろすことになったということです。ピーク時には約35万人の利用者があったそうですが、バブル崩壊以降若者のスキー離れが顕著になり、昨シーズンはわずか1万人にまで落ち込んだそうで、確かにこれでは経営が成り立たないでしょうね。

バブル期には冬のレジャーの花形だったスキー人気は、1990年代半ばから急落し、93年度に1770万人だったスキー人口は、2005年度には710万人に激減、長野県内のスキー場利用客は、ピーク時の4割だったとか。リフトに乗るために長時間並んだり、昼食を食べるためにレストランで席が空くのをひたすら待った経験のある、最も人気がピークだった時代を知る我々の世代からすると、まさに隔世の感がありますね。当時は、スキーをやっていないと仲間にも入れてもらえないような雰囲気さえありましたからね・・・

「バブル後の不況下で育った若者は、金と時間をかけて技術を磨くレジャーを好まない傾向が強く、スキーを敬遠した」と記事の最後にどこかの大学教授のコメントが載っていました。確かに同じ職場の若手で、週末スキーに行くなんていう話をここ数年ほとんど聞かなくなりましたね。私たちの頃は、冬になると週末には必ず誰かがスキーに行っていたものでしたが・・・今の若い人って、冬の間はいったい何しているんだろう? 
これも時代の流れなのかもしれませんが、当時を知る者としては、やはり少し寂しい気もします。

話は変わって、今日妻の友人のCARAさんが、「部長島耕作」「取締役島耕作」の単行本を貸してくださいました。CARAさん、ありがとうございました、しばらくお借りしますね。
今年中には読破しようと思いますので、どうぞよろしくお願いしますm(__)m

↓ブログランキングに登録しています。よろしければクリックをお願いします(^^)↓

人気ブログバナー

スポンサーサイト

コメント

あぁ

私もシュプール号にはお世話になりました。
相方と行くようになってからは車オンリーだったので
しばらく利用してませんでしたが。
なくなってしまうのはちょっと淋しいですね。

バスや車と違い、電車は時間が正確なので、
私もけっこう利用していました。
当時はツアーのパンフレットが出たら、
すぐに予約しないと、席が取れないほどだったのですけどね・・・
スキーというレジャー自体が斜陽になっているようで
本当に寂しい限りです。

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://kobechild.blog11.fc2.com/tb.php/757-a249e8bc
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。